松岡昌宏「TOKIOの方向性が分からない…」目指すべき目標は「ドリフターズっすかね…」もしかして音楽路線は諦めた!? - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

松岡昌宏「TOKIOの方向性が分からない…」目指すべき目標は「ドリフターズっすかね…」もしかして音楽路線は諦めた!?

5月24日放送の「トーキョーライブ22時」で、松岡昌宏くんがOKIOの方向性について「分からなくなってきている」と発言。目指すべき目標として「ドリフターズっすかね…」と答えたことが、ちょっとした話題になっているようです。

[楽天市場]

[以下引用]
今回の番組は特別編として、番組MCの松岡が飲み友達の落語家・ヨネスケと白昼の北千住ではしご酒を敢行した。ふたりは1週間に一度は飲む間柄で、松岡はヨネスケを「ヨネじい」と呼んでいるのだとか。

この日、視聴者の質問に答えるコーナーで「ハブを退治したり、舟屋を作ったりしていますが、TOKIOは一体何を目指しているんですか?」との質問が紹介された。

松岡は「TOKIOは何を目指しているんだろう…」と少しの間考えたあと、「例えばバンドなのにムダに野菜の作り方とかうるさいし」などと例をあげ、「最近ちょっと、自分たちでもわからなくなってきていて」と率直に明かし、店内の笑いを誘った。

松岡によると「音楽のことで言われても頭に来ないのに、トマトの作り方とか言われて『それは違くないっすか?』」となるような雰囲気だという。そうした雰囲気に松岡は自ら「(TOKIOとして)キレてる場所が違くないすか?」とツッコみ、困惑してみせた。

ヨネスケはこの松岡の発言に、自分も本職は落語家なのに「突撃!隣の晩ごはん」の入り方が気になってしまう、と同意していた。

あらためて質問について思案した松岡は、「どこ目指しているのかと言えば…。強いて言えば…ドリフターズっすかね…」と答えた。その理由について松岡は「楽器もできて、あれだけ色んな人に愛され」と、音楽にとどまらない彼らの活躍をあげていた。

松岡は特にリーダーの故・いかりや長介さんには本当にお世話になったとし、紅白歌合戦で全員が揃ったドリフターズと共演したときが、一番嬉しかったと明かした。松岡はドリフターズについて「大先輩ですからね、(目標として)デカいところですよ」とし、TOKIOの目指すべき道なのだと語った。
[トピックニュース]

TOKIOがドリフターズですか…

これは問題発言というか、かなり意味深な発言ですよ!

だって、ドリフターズを知ってる世代の中でも、彼らがミュージシャンだと認識してる人ってどれだけいるんでしょうか?

だぶんそれは50代以上の方で、それ以下の世代にとっては“お笑いの人”というイメージしかないのでは?

それを目指すということは、TOKIOはアイドルでもミュージシャンでもなく、お笑い系のバラエティタレントとして生きていくという宣言に等しいような…

ザ・ドリフターズ結成50周年記念 ドリフ大爆笑 DVD-BOX -
ザ・ドリフターズ結成50周年記念 ドリフ大爆笑 DVD-BOX
[関連商品]

そういえば、4月30日の「アブナイ夜会」で、国分太一くんがTOKIOの解散危機について語っていたことがありましたね。

[以下引用]
この日は「40歳同級生の夜会」と題し、国分のほか、ビビる大木、相川七瀬、馬場典子、PUFFY・吉村由美が出演。「40歳」にまつわるさまざまな話題で盛り上がる中、相川が「良い時もあれば悪い時もあって浮き沈みがある」とこれまでの活動を振り返ると、その流れから国分は「すごく仲悪くなる時期もあったし、誰か挟まないとうまく話せないぐらいの時があった」と告白した。

さらに、同番組MCの嵐・櫻井翔からの「今までで『もうヤバイ』という時あったんですか?」という質問には、「個人差あると思うけど、僕は何度かあった。『これ解散じゃないかな?』って」とコメント。ビビる大木が「なにでケンカをするの?」と原因を探ると、「ケンカになるのは必ず音楽」と答えた。
[マイナビニュース]

「ケンカになるのは必ず音楽」というのは、何の疑いもなく“音楽の方向性”のことかと思っていましたが…

もしかして、「そもそもTOKIOは音楽をこれからもやって行くのか?」ということなのでは?

TOKIOのミュージシャンとしての力量に対する評価はとても高いものがありますが、
 TOKIOがロックフェスで大絶賛!音楽もMCも大盛況で人気再燃か!

ジャニーズの中で最もセールス的に苦しんでいることも事実。
 ジャニーズの稼ぎ頭ランキング!関ジャニのSMAP超えも近い!?

一方、テレビの世界では長寿番組の「鉄腕DASH」が今でも高視聴率を維持していることに加え、
 鉄腕DASHの視聴率21.9%で改めてTOKIOの凄さを思い知った…

国分くんと山口くんはキャスターとして、長瀬くんと松岡くんは俳優として、リーダーはテレ朝系の「ニュースリーダー」(元なぜ太郎)でMCを務めるなど、メンバーそれぞれが活躍しています。

そうなると、あまりパッとしないミュージシャン路線を続けることに疑問を持つメンバーがいたとしても、不思議ではないような…

特に、松岡くんは「(TOKIO結成時に)ドラムを選んで失敗した」的な発言をしていた記憶があります

事務所的にもメンバーが「音楽は辞めたい」と言い出したら、あっさりとOKしちゃうそうな気も。

ま、あくまでも私の妄想に過ぎませんが、どうせなら70歳を超えてもバリバリでやってるローリング・ストーンズを目指して欲しいなあ…

絶対、SMAPよりもTOKIOの方が似合ってますよ、草gくん!(←スマスマの発言より)

ローリング・ストーンズを聴け! -
ローリング・ストーンズを聴け! -
[関連商品]

※芸能界のうわさはこちらでどうぞ

※FBは諸事情により閉鎖しました。
 友だちになって頂いた方々、申し訳ありません。
 本当にありがとうございました m(_ _)m

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス