女性週刊誌のいい加減さが露呈!二宮和也の「弱くても勝てます」打ち上げ報道に見る情報食い違いの原因とは? - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

女性週刊誌のいい加減さが露呈!二宮和也の「弱くても勝てます」打ち上げ報道に見る情報食い違いの原因とは?

二宮和也くん主演ドラマ「弱くても勝てます」の打ち上げパーティレポートを、先週発売の「女性自身」と「週刊女性」の2誌が同時に書いているのですが、その内容が食い違っているといいます。

※いったい、どちらが正しいのか…
[楽天市場]

まずは「女性自身」から。

[以下引用]
6月21日午後3時から始まったビアガーデンでの打ち上げ。生徒役には未成年が多いのでこの時間からとなったが、共演者の有村架純は仕事の都合で不参加。さらに海老蔵、福士蒼汰も欠席らしいが、記事ではその辺はさらりと流される。そしてこれまた打ち上げの恒例、豪華賞品の抽選会には、欠席の海老蔵が「歌舞伎座の招待券」、福士は「ヘリコプターペアクルージングチケット」を用意するという気配りを見せた。もちろん主演の二宮も頑張った。「西海岸のペア旅行券」にプラスして「自分の財布から取り出した14万5千円」を賞品に! ジャニーズは結構太っ腹が多い。ついでに2次会では薬師丸ひろ子がカラオケで「セーラー服と機関銃」を、二宮も嵐のメドレーを歌い上げたという。以上、欠席者もいたが、楽しそうな雰囲気である。
[サイゾーウーマン]

薬師丸さんとニノの歌が聞けるなんて、豪華な2次会ですね。

ネットでも少し話題になってましたが、年収ウン億円のニノが14万円出すのって太っ腹なんでしょうか。

年収ウン百万円の一般人が1400円出すのと、変わりないと思うんですけど…^^;

でもま、あれだけ“ケチキャラ”が定着しているニノだからこそ、話題にもなるのかな?

ひらめきなんだ、財布持ち歩いてんじゃん!!
 ニノケチ伝説→ geinou ranking
 ニノケチ伝説→ geinou ranking

ジャニーズ 公式生写真 嵐 ARASHI 【二宮和也】 -
ジャニーズ 公式生写真 嵐 ARASHI【二宮和也】
[関連商品]

一方、「週刊女性」の方はちょっと違います。

[以下引用]
昼間から大盛り上がりは同様だが、ドラマは期待と違い平均視聴率10%未満と残念な結果で、プロデューサーも自虐的な挨拶をしたらしい。そして景品大会である。もちろん「自身」の言う「賞品抽選会」と同じものだが、齟齬があるのが海老蔵の賞品。「自身」は「歌舞伎座の招待券」に対し、「週女」は「手ぬぐい10セット」。うん? ずいぶんと違う。そして二宮である。2誌とも「西海岸チケット」と記しているのは同じだが、「週女」では会場からは「もうちょっと〜」「物足らな〜い」というふざけた声がした。そのため二宮は財布を出し「中身全部で10万4000円です!」といって現金を取り出したという。
[サイゾーウーマン]

うーむ、これは結構違いますね。

特に海老蔵さん、週女しか見なかった人は「なんだ、国宝のくせにケチやな〜」って思ったのでは?

ブログでチクって見ようかしらん(笑)

ひらめきブログだけで月300万円!そんな海老蔵が…
 ピンチ!→ ranking reading reading ranking

で、ニノは14万5000円と10万4000円で、その間には4万1000円の開きがあります。

ま、一般人にとっては410円の違いですから大したことないかもしれませんが、週刊誌ってやっぱりいい加減なものですね。。

いったいどうして、こんな事態が起きてしまったのでしょうか?

[以下引用]
こうした打ち上げの場合、記者が潜入するのはちょっときつい。『あまちゃん』(NHK)打ち上げもそうだったが、外部からの侵入を阻止するため、事前のチケッ制や、事前に名簿に登録した人だけなんてケースもある。だから記者は“内部関係者”に様子を聞いて記事にすることが多い。だから、今回は情報提供者が間違えたとなるが――

同じ日、同じ場所、同じメンツでの打ち上げ風景。賞品という“ブツ”にも齟齬があるのだから、その雰囲気や詳細は、それぞれ違ったものになるのも当然かもしれない。これはメディアにとって重要かつ考えるべきことでもある。同じものを見ても、それぞれの興味、考え、スタンスによって、同じものが違って見える。いや、そう思い込む(もちろん歴史などもその最たる例だ)。そんな妙な考えを持ってしまった「自身」と「週女」の齟齬。まさか、反ジャニーズ「週女」がわざと金額を低くしたとも考えられないしね。
[サイゾーウーマン]

なるほど…

どんなに客観的な姿勢を心がけていても、書いてる人間の主観が入ってしまうことは避けられません。

同じことを見ても、ファンは全部いい方に、アンチは全部アラ探しになっちゃうのと似てるのかも。

ということで、読む側が「書き手の主観が入っていること」をあらかじめ理解しておくことが、情報に振り回されない賢い方法なのかもしれませんね。

芸能界ベストセレクション 2014年度版

芸能界ベストセレクション 2014年度版

[関連商品]

<関連ニュース>
キムタク、ドラマの打ち上げで「映画化は禁じられていない!」
飯島女史が本音を吐露「安堂ロイドへのプレッシャーがキツイわよ!」
香取慎吾が「SMOKING GUN」打ち上げで大はしゃぎ!

<おすすめの芸能ニュース>
元夫の母親が遠野なぎこに激怒!夫の前から消えろ!!
辻仁成と中山美穂が離婚!子供の親権は辻が持つ!
ビートたけしが離婚!妻に全財産を渡し49歳美女と再婚も

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング
この記事へのコメント
週刊女性?ただのトンスル雑誌だろ
意味不明な謹慎期間中にもかかわらず世界のイケメンを(やってもないアンケート)で各年代嫌いな1位にしたりしてどちらが正しいも何も(露出)が全く無いにもかかわらずこういう事やってる時点で信じる方が○ホだろ、リテラシーの問題。
Posted by あ? at 2014年07月10日 09:53
視聴率があんまりだったのに
こうやって週刊誌に取り上げてもらえるだけ
ありがたい。
まだまだ国民的アイドルなんだなあと
実感!(^^)!
Posted by S at 2014年07月10日 12:25
東スポやサイゾーはもとより、ジャニーズ落とし込みに命かけてる週女の記事を真に受けるジャニーズファンはいないでしょ
真に受けたふりして必死にコメントしたりするのは贔屓以外を落とし込みたいアンチじゃないかな?
Posted by あき at 2014年07月10日 12:27
だって週女だもんw
東スポだって日付しか合ってないんだから
暇つぶしのblogだと思って立読するくらいがちょうどいい
Posted by ん at 2014年07月10日 22:18

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス