ダイハツショックに揺れるテレビ業界。CMスポンサー料激減でジャニーズタレントを始め芸能界全体に影響が出る可能性も… - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

ダイハツショックに揺れるテレビ業界。CMスポンサー料激減でジャニーズタレントを始め芸能界全体に影響が出る可能性も…

テレビ業界に「ダイハツショック」と呼ばれる激震が起きているといいます。ダイハツといえば、過去にはCMにジャニタレが出演していたこともある自動車大手ですが、なんでも「マス広告を打たない」との社長発言が物議を醸しているそうで…
 → ranking

※広告代理店にとっても死活問題?
[楽天市場]

5月半ば発表された民放各局の2013年度決算報告によると、前年度比44.8%の大幅減益となったフジテレビを除く大手4社は軒並み増収増益となりました。

フジの場合は「広告収入の悪化とサンケイビルの子会社化で負債を抱えたことが大きい」そうですが、増益となった他局も無条件に喜んでいるわけではありません。

それは、スポンサー収入に明るい見通しが立っていないことが理由だといいます。

[以下引用]
「昨年は“当たり”の番組が多かったのでスポンサー離れに歯止めがかかったが、今年の“不作”を目の当たりにした大手企業は早くもCM離れを模索している」(広告代理店関係者)

そんな中で、テレビ業界に「ダイハツショック」と呼ばれる激震が起きた。

ダイハツといえば、「タント」や「ムーヴ」などのスポットCMを数多く提供する民放の大スポンサー。CM放送回数ではトヨタ、日産、スズキに次ぐ自動車メーカー第4位で、CM好感度も自動車メーカーではトヨタに次ぐ2位(CM総合研究所調査)。

だが、4月24日に行なわれた決算発表会で、ダイハツの堀井仁・上席執行役員が「コペン(6月発売の軽スポーツ車)から、(車種によっては)マス広告は打たない試みを始める」と発言した。前出の広告代理店関係者はいう。

「自動車メーカーに限らず、家電業界などでもイメージ広告で不特定多数の視聴者に宣伝する手法に疑問を感じている企業は多い。“確実に商品に興味のある人に訴えることができるネット広告のほうが費用対効果が高い”という考え方が広がりつつあるように感じます

※2人乗りのオープンスポーツカーです。
ダイハツ・コペン 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ vol.168 No.4

ダイハツ・コペン チューニング&ドレスアップ徹底ガイド

[関連商品]

さらには、『明日、ママがいない』(日本テレビ系)が差別を助長するとして批判を浴び、全スポンサーが降板した「明日ママショック」の影響を心配する声もある。

「以前に比べて、番組に対する視聴者の目は格段に厳しくなっている。イメージを最優先するスポンサーにとって、テレビにCMを出すリスクが大きくなっている」(大手企業の宣伝担当者)
[週刊ポスト]

ダイハツのCMといえば、堂本剛くんが出演していた「ヴィーゴ」を思い出します。
 2006 Daihatsu Be-Go Japanese Commercial - YouTube

あと、岡田准一くんの「エコアイドル」のCMも。
 ダイハツ ムーヴ CM 岡田准一 「vs宣伝部長エコ」篇 - YouTube

ジャニタレ以外にもたくさんの俳優さんや女優さんが起用されてましたが、関西の企業らしく?内容もコミカルなものが多かったので、結構印象に残っています。

そんな会社がテレビCMの見直しを宣言したわけですから、視聴者離れが叫ばれるテレビ業界に激震が走るのもよーく分かります。

ただ、スポットでウン千万円とか掛かることを考えると、費用対効果という面でネット広告にシフトしていくのは当然の流れなのでは?

KAT-TUNが出演してるスズキのCMなんて、メンバーのカッコいい姿はバッチリと印象に残ってる一方で、車種は何だったのかイマイチ覚えてないというか(私だけ?)。

もちろん、ああいったCMを打つことで「カッコいい、若々しい、オシャレ」といった企業イメージを広めることが出来るわけですから、全くの無駄じゃないとは思いますけど…

ひらめきKAT-TUNのCMまとめ
 動画→ ranking reading reading ranking

「明日ママ」の騒動ではCMが流れないのにスポンサー契約料はしっかり支払われていたそうですから、時代的にそういったリスクも無視できなくなってきてると思います。
 スポンサーが「金返せ!」で億単位の賠償問題に発展か!?

テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0 -
テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0 -
[関連商品]

そういえば、ダイハツはトヨタグループでしたね。

今回のCM戦略変更に結果次第では、“世界のTOYOTA”も追随する可能性があるかもしれません。

ジャニーズに限らず、CM出演料は芸能人にとってドル箱ですから、テレビ業界&芸能界の人たちにとってはしばらく眠れない日が続くかも!?

ひらめき芸能人CMギャラランキング2013!
 男性1位が意外です…→ geinou ranking
 男性1位が意外です…→ geinou ranking
 男性1位が意外です…→ geinou reading
 男性1位が意外です…→ geinou ranking

<関連ニュース>
キスマイがCM契約数でもKAT-TUNを超えて売り上げ4位に浮上
正月三が日で最も多くCMに出た芸能人トップ20!
落ち目の山Pに赤丸急上昇の関ジャニ…ジャニーズCM出演料最新事情

<おすすめ芸能ニュース>
山岸舞彩は略奪愛の常習犯!大倉忠義も奪おうとしていた?
平井堅の異様な私生活とは?
木村カエラの幼少時代が可愛すぎる!

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス