相葉雅紀もガッカリ…愛してやまない六本木の行きつけ和食店が閉店してしまい、ため息の日々… - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

相葉雅紀もガッカリ…愛してやまない六本木の行きつけ和食店が閉店してしまい、ため息の日々…

最近、相葉ちゃんが元気ないといいます。それは、行きつけにしていた東京・六本木の和食居酒屋が閉店してしまったことが原因だそうですが、いったいどんな事情があったのでしょうか?
 → ranking

[楽天市場]

[以下引用]
「大将がとにかく芸能界で顔が広いんです。志村けんさんとは古くからの付き合いで、彼もよく訪れていました。ものまねタレントの青木隆治さんは、お父さんのツートン青木さんと大将が顔見知りで、父子2代で常連でしたよ」(芸能プロ関係者)

テレビ関係者によると、「落ち着いた内装で、店員さんも気さく。芸能人と一緒に行く時は、個室もあるから周りの目を気にせずに飲めるんです」とのことで、味はもとより、家庭的な雰囲気なのにプライバシー対策もバッチリで芸能人にとってはありがたい店。

そこが昨年、ヒッソリと閉店してしまった理由とは―

「大将が心臓病を患って入院してしまったんです。彼の奥さんや他のスタッフがピンチヒッターを務めていたんですが、やはり大将を目当てにしていたお客さんも多かったので、客足が遠のいてしまったようです」(常連客)
[週刊女性]

このお店、以前にも噂に上がったことがあります。
 相葉雅紀に惚れた、六本木芸能人御用達の居酒屋大将

そういえば、この店でKAT-TUNが決起集会を開いていたなんてことも。

※何の決起集会だったのかというと…
ジェイ・ストーム(SME)  KAT−TUN/Best of KAT−TUN

ジェイ・ストーム KAT−TUN/Best of KAT-TUN

[関連商品]

大将が入院している間、相葉ちゃんは足繁くお店に通ったりお見舞いに行ったりと、一生懸命支えていたそうです。

そのかいもあってか、大将は昨年春頃に無事退院しましたが、すぐに復帰というわけにもいかず、都内の自宅で療養することに。

奥さんも大将の看病で店に出ることが難しくなり、いろいろと迷った末、ついに店を閉めることを決断したといいます。
[以下引用]
相葉くんにとって、大将は第二のお父さんのような存在。仕事の悩みからプライベートなことまで相談するほどでしたから。中華料理店が実家の彼にとって、夫婦で切り盛りするこの居酒屋には、家に帰るようなくつろぎを感じていたんでしょうね」(相葉の知人)

現在は店の経営者も代わり、30人ほどが入れるミュージックバーになっている。もう一つの実家ともいうべき“行きつけの店”を失ってしまった相葉はというと―

「“M”のほど近くにある“S”というしゃぶしゃぶ店に、友人たちとよく出入りしています。ここも芸能人の客が多いことで知られていますが、個室で“いまだに信じられないよ…”とため息交じりに話していますよ。大将の料理を食べられなくなったことが、相当ショックのようですね」(前同)
[週刊女性]

一昨年の夏頃には、相葉ちゃんがついに大将に認められて“マイ箸”を置けるようになったばかりでしたから、さぞかし残念だったでしょう。

大将のような“師匠”がそんなに簡単に見つかるとは思えませんが、早く落ち着けるお店が見つかるといいですね。

大将も早く元気になって、お店に立つことは無理でも、相葉ちゃんとの交流を再開できるようになることを願っています。

ひらめき六本木を歩いていれば芸能人に当たる?
 女子たちの目撃談→ geinou ranking
 女子たちの目撃談→ geinou ranking

<関連ニュース>
相葉雅紀と佐々木希に熱愛の噂!二宮和也との破局直後に交際開始?
相葉雅紀のリップクリーム「キールズ」がバカ売れ!!
解雇間近?相葉雅紀のスケジュール白紙&桂花楼ネットショップも閉鎖

<おすすめ芸能ニュース>
激怒した大物芸能人に謝罪&台本の漢字も読めない大物女優
岡村隆史、国際線のCAから愛情たっぷりの手紙を貰っていた
武田信玄の末裔を名乗る武田アンリ、カーテンを万引きして逮捕!

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング
この記事へのコメント
行きつけの安心出来るお店…なかなか見つからないから 残念ですね〜 相葉ちゃん また いいお店見つかるといいね♪
Posted by タラコ at 2014年02月11日 18:42

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス