ジャニーズ映画のブームは去った?2013年映画興行収入ランキングに「謎ディ」「プラチナデータ」がランクインしましたが… - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

ジャニーズ映画のブームは去った?2013年映画興行収入ランキングに「謎ディ」「プラチナデータ」がランクインしましたが…

「日経エンタテイメント」が発表した2013年の映画興行収入ランキング。それを見ると、最近のトレンドだった「テレビドラマ発映画」や「ジャニーズ主演映画」の勢いに陰りが見えてきたというのですが…
 → ranking

※嵐の映画は相変わらず好調ですけど?
[楽天市場]

2013年の映画興行収入ランキングのトップ20は以下の通りです。

[以下引用]
*1位 風立ちぬ 120億円 東宝
*2位 モンスターズ・ユニバーシティ 90億円 ディズニー
*3位 ONE PIECE FILM Z 69億円 東映
*4位 レ・ミゼラブル 58億円 東宝東和
*5位 テッド 43億円 東宝東和
*6位 ドラえもん のび太のひみつ道具博物館 40億円 東宝
*7位 清州会議 37億円 東宝
*8位 名探偵コナン 絶海の探偵 36億円 東宝
*9位 そして父になる 32億円 ギャガ
*9位 真夏の方程式 32億円 東宝
*9位 謎解きはディナーのあとで 32億円 東宝
12位 ドラゴンボールZ 神と神 30億円 東映
12位 シュガー・ラッシュ 30億円 ディズニー 
14位 神速のゲノセクト・ミュウツー覚醒 31億円 東宝
15位 007スカイフォール 27億円 ソニー・ピクチャーズ
15位 劇場版SPEC〜結〜 漸ノ篇 27億円 東宝
17位 アイアンマン3 26億円 ディズニー
17位 プラチナデータ 26億円 東宝
19位 怪盗グル―のミニオン危機一髪 24億円 東宝東和
20位 魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語 23億円 ワーナー

※2012年12月〜2013年11月9日までの公開作品が対象。公開中のものは最終興収見込み。
[日経エンタテイメント]

ということで、ジャニーズからは櫻井くんの「謎ディ」とニノの「プラチナデータ」がランクインしました。

[初回仕様]映画 謎解きはディナーのあとで Blu-rayプレミアム・エディション/櫻井翔[Blu-ray]【返品種別A】

[初回仕様]映画 謎解きはディナーのあとで Blu-rayプレミアム・エディション/櫻井翔[Blu-ray]【返品種別A】

[関連商品]

個人的には、岡田准一くんの「図書館戦争」や生田斗真くんの「脳男」あたりも30億近く行って欲しかったな…とは思いますが、やっぱり嵐は強いですね。

1位の「風立ちぬ」については、「これまでの宮崎アニメと違ってファンタジー要素がないので、100億円超えは厳しいのでは?」とも言われていましたが、蓋を開けてみれば堂々の120億円。

さすがジブリは強いです。

※来年夏公開予定のこちらも期待大。
思い出のマーニー 上

思い出のマーニー 上

[関連商品]

さて、こうやってランキングを見ると、業界最大手の東宝の強さが際立っていることがよく分かりますが、そんな東宝も今年度の最終的な興行収入は573億円で、前年度の741億円と比べると約2割の減収。

映画関係者の間では「東宝が編み出した“勝利の方程式”が崩壊してきている」と指摘されているといいます。

[以下引用]
今年の東宝の興収ベスト3は、宮崎駿監督(72)の「風立ちぬ」の120億円(見込み)。次が「ドラえもん」で39・8億円。そして「名探偵コナン」(36・1億円)と全てアニメ。4位に福山雅治主演の「真夏の方程式」(33・1億円)。5位にようやくフジテレビで放送されたジャニーズ「嵐」の櫻井翔(31)主演の「映画 謎解きはディナーのあとで」が32・5億円だった。

30億円というのは業界的に悪い数字ではないが「ドル箱だった『踊る大捜査線』シリーズが終わり、その後釜として期待された『海猿』がトラブルで続編の見込み立たずという状況。ジャニーズで一番勢いのある嵐の櫻井主演で最低でも『50億円』と公開前から大きな期待をかけられていただけに物足りない数字。この2作品のように時代を席巻する勢いはない」(同関係者)。

ひらめき歴代ジャニーズ主演映画興行収入ランキング!
 最低50億って…^^;[動画]→ geinou ranking
 最低50億って…^^;[動画]→ geinou ranking

また、SMAP・中居正広(41)主演の「ATARU」は18・5億円を記録するも、これも「ドル箱に育つ気配はない」(同)という。

別の関係者は「結局、テレビ映画やジャニーズ映画というのは、うわべだけのブーム≠ノ過ぎなかったということ。一方で三谷幸喜監督の『清須会議』が30億円に迫るヒットを記録しているし、来年以降は、より脚本がしっかりとした面白い映画、真の意味での映画が注目されるのでは」と予測した。
[東スポ]

確かに「ATARU」はちょっと残念な成績でしたね。
 興収30億突破も!映画版「ATARU」のシリーズ化は?

ジャニーズ映画の上位陣はSMAPと嵐のメンバーの独占状態ですから、期待は大きかったんですけど…

ま、映画はドラマよりもキャスティングによる話題性が興収に与える影響は大きいとは思いますが、“ジャニーズ”というだけでヒットを連発できるほど甘くはないということでしょうか。

2014年は櫻井くんの「神様のカルテ2」や斗真くんの「土竜の唄」、岡田准一くんの「永遠の0」に「蜩ノ記」、錦戸くんの「抱きしめたい」、関ジャニの「エイトレンジャー2」、そして田中聖くんのヨシモト移籍第1弾?となりそうな「サンブンノイチ」などが控えています。

まずは面白くて魅力的なストーリーがあって、その上でジャニーズの注目度を最大限に活用して、大ヒットを飛ばして欲しいですね!

※SMAP&嵐ばかりが強い中、孤軍奮闘しています。
蜩ノ記 (祥伝社文庫) [文庫] / 葉室 麟 (著); 祥伝社 (刊)
蜩ノ記 (祥伝社文庫)/ 葉室 麟 (著)
[関連商品]

<関連ニュース>
亀梨和也「俺俺」の動員ランキングトップ10入りは想定外だった…
大倉忠義主演映画「100回泣くこと」が大方の予想を裏切り大ヒット!
2013年春期公開予定のジャニーズタレント主演映画一覧

<おすすめ芸能ニュース>
美川憲一の素顔が酷い!巨額訴訟ドロ沼バトルの詳細
NHKも真っ青ないきものがかり・山下穂尊の異常な性格
吉高由里子、朝ドラ撮影現場で早くも不穏な空気

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング
この記事へのコメント
宣伝量考えたら50億は期待するな
まぁジャニには無理でしょう
嵐も仕事よく選んだほうがいいよ
Posted by あ at 2013年12月15日 22:45
ドラマも映画も内容で決まることを制作側はいい加減わかれよ〜。○○が主役だから必ず見る!という時代ではないのに。 誰が出ようが面白くないくだらない内容のドラマや映画は見てもらえない。キャストに頼りすぎるな!だな。
Posted by J at 2013年12月16日 00:03
上位は見事に夏休み冬休みゴールデンウィーク興行のアニメに人気原作サスペンス系ドラマ映画に三谷映画か〜、なんだか当たり前のツマラン結果
Posted by あき at 2013年12月16日 15:54
おもしろいですねー原作つきの夏休み映画とオリジナルからの映画を出すとはさすがいつもやってるマスコミさん

それに対してアタルは残念でした?
TBS社長が大成功だと会見で言ってますよ?
アタルがだめなら櫻井の医者映画もコケですね。なのに続編

まああからさまにいつものように記事でSMAP叩けないのは松本映画があったからでしょうね
Posted by ああ at 2013年12月20日 15:23

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス