稲垣吾郎はいなかったことに!?映画「おしん」が大コケ興行成績で「R100」よりも早い打ち切り。頼みの綱は海外展開… - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

稲垣吾郎はいなかったことに!?映画「おしん」が大コケ興行成績で「R100」よりも早い打ち切り。頼みの綱は海外展開…

松本人志監督の映画「R100」の大コケが話題になるなか、実は上戸彩さんと稲垣吾郎くんが夫婦役を努めたことで話題となっていた映画「おしん」も、わずか4週間で打ち切りとなっていたそうです。
 → ranking

※少女編だけで終わらせてほしくないです。
[楽天市場]

[以下引用]
1983年にNHK連続テレビ小説で放送された「おしん」は、平均視聴率52.6%というドラマ史上最高を記録した“お化け番組”。映画は10月12日に全国公開となった。

「主演の子役とともに、母親役の上戸彩も宣伝活動に力を入れてましたが、国内映画ランキングでは初登場5位。翌週は8位に落ち、最終的な興行収入は4億〜5億円程度でしょう」(映画誌編集者)

上映最終日の夕方、渋谷TOEIに足を運ぶと、約400席の広い館内には中高年カップルが5組だけポツンと座っている。

映画の中身は、というと、7歳の女の子が奉公先でひたすら悲惨な目に遭う場面のオンパレード。テレビドラマは成功した主人公が子供時代を振り返るところから始まるのだが、映画はドラマの第一部にあたる少女期に絞って撮影されたため、何の救いもないままラストを迎えてしまう。
[週刊文春]

おしんの配給会社は東映ですが、全国の映画館と同様に、直営の渋谷TOEIでも4週目となる11月8日で上映が終了したんだそう。

同じ日に打ち切りになった松本人志監督「R100」の上映は5週間でしたから、それすら下回ってしまうという大コケぶり。

芸能界に入って初の“前髪なし”に加え“ヒゲ”まで生やして撮影に望んだ吾郎ちゃんも、さぞ悔しい思いをしているでしょうね。
 稲垣吾郎が試写会で一人だけ浮いていた理由はカツラにあった

こちらも最終的に1億円にいかなかったようです。
桜、ふたたびの加奈子 【Blu-ray】

桜、ふたたびの加奈子 【Blu-ray】

[関連商品]

ただ、制作側も公開前から不安を持っていたようで、試写会では上戸さんが「日本ではものすごく叩かれると思うので、せめて海をわたったら少しは褒められたい」と話していたんだとか。

この試写会は大使館関係者200人以上を集めた特別なものだったらしいですが、出演者本人からこんな言葉がでるなんて異例ですが、実は最初から海外展開に活路を見出そうとしていたフシもあるようです。

[以下引用]
「日本映画では珍しく、製作委員会に中国企業が一社、名前を連ねています」(映画ライター・前田有一氏)

製作会社のプロデューサーを直撃すると、国内での興行成績については「何とも言えません……」と硬直してしまったが、海外展開の話には饒舌だった。

「日本での公開前から興味を持たれていましたし、最初からアジアでの興行を考えていました。今のところフィルムが売れたのは韓国や台湾、東南アジアなど十一カ国。中国とはまだ交渉中です」

前出の前田氏は敗因をこう分析する。

「映画自体はオールロケで真面目に作られており、決して駄作ではありません。ただ、親子が川で別れる場面や奉公先で盗みの濡れ衣を着せられるところなど、原作の有名なシーンを二時間の中にぎっしり詰め込んでいますからストーリーの起伏に乏しく、見ているとだんだんいたたまれない気持ちになってくる

それに、ドラマが放映された当時とは社会背景が違うことも指摘。

「苦労する労働者の姿が身近にあり、なおかつ右肩上がりの明るい時代だったからこそヒットした。単に『ドラマ放映30周年だからリメイクしました』では安直な企画だと言わざるをえない」
[週刊文春]

海外でなら高評価を得られるかもしれないという気持ちは分かりますが、最初からそのつもりだったなら、先に外国で公開すればよかったのに…

海外で「NEWおしん」が大きな話題となってから日本に逆輸入すれば、興行成績もかなり違ったのではないでしょうか?

ひらめきイランで5月に再放送された「OSHIN」がヤバいことに!
 視聴率が…→ geinou ranking
 視聴率が…→ geinou ranking

ちなみに、この映画が大コケしたのはほとんど話題になってません。

「R100」とまではいなかくても、いちおう天下のSMAPメンバーが出演してるんですから、もうちょっと騒ぎになってもいいと思うんですけど…

キムタクや中居くん、慎吾くんあたりだったら、大変なことになってたでしょうし。

でも、もし海外でヒットしたら、吾郎ちゃんの名前を大々的に出すんでしょうか、ジャニーズ事務所は。

※「日本の国民的アイドルスター 稲垣吾郎」として。
馬耳東風 [単行本] / 稲垣 吾郎 (著); 集英社 (刊)
馬耳東風 / 稲垣 吾郎 (著); 集英社 (刊)
[関連商品]

※芸能界のうわさはこちらでどうぞ

<ヤフオク注目のアイテム>
SMAPの注目アイテム 稲垣吾郎 上戸彩

<関連ニュース>
稲垣吾郎が結婚を決意?理由は役者としての幅を広げるため
稲垣吾郎が中越典子に夢中!元彼女・菅野美穂の結婚が原因…?
稲垣吾郎と破局した菅野美穂の評価が急上昇!

<おすすめの芸能ニュース>
ジャニタレが『仮面ライダー鎧武』を直前降板していた!
長男を抱く中尾明慶と仲里依紗の画像がTwitterに一般人によりアップ!
若手俳優Sに隠し子!井上公造が初出しスクープ

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

■稲垣吾郎のうわさはこちら

■モバイル用お勧めリンクはこちら
ジャニーズお勧めリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス