過剰な秘密主義に地元は大迷惑!?嵐の被災地訪問レポート 岩手・陸前高田編 - Johnny's Watcher

スポンサーリンク

過剰な秘密主義に地元は大迷惑!?嵐の被災地訪問レポート 岩手・陸前高田編

6月10日、一部スポーツ紙や『NEWS ZERO』で、嵐のメンバーが被災地である岩手県を訪問し、被災者たちと交流を深めたと報じられました。ところが、実は開催地の大船渡市民のほとんどが嵐の来訪すら知らなかったと週刊女性が報じています。
 → ranking

[楽天市場]

6月5日に岩手県大船渡市の文化会館『リアスホール』で、嵐のライブイベントが開催されました。この模様は、7月6日の日テレ系歌番組『THE MUSIC DAY 音楽のちから』で放送される予定とのこと。

昨年嵐は『ワクワク学校』というイベントを開きましたが、嵐のスケジュールの都合で東北3県の被災地のうち岩手県だけが開催できなかったため、その穴埋めが今回のライブ開催だったといいます。

そして、この岩手訪問の様子は「嵐メンバーが岩手県の被災者と絆を深めた」として6月10日に一部スポーツ紙や『NEWS ZERO』で大々的に伝えられました。

ところが実際は、開催地の大船渡市民の大半が嵐の来訪すら知らず、泊里港での交流もすべて台本通りで、予め決められていたものだったといいます。

ライブ会場、消防署、漁港の人それぞれ固く口止めまたは当日まで嵐が来ることを知らなかったそうですが、今大人気の嵐が5人揃って来るなんていう情報が事前に流れていたら、どれだけの混乱があったか想像もつかないですし、仕方ないんでしょうね。

ただ、情報を聞きつけてやってきた100人ほどの市民も現場から100メートルほど離され、そうまでして準備した撮影も、結局は時間に押されてしまい、漁港の人の心遣いが無駄になってしまったとか。

[以下引用]
この日、午前中に岩手県入りした5人はまず、被害の大きかった陸前高田市に向かう。街の復興が進まない現状に驚きの表情を見せながら歩く。しかし、滞在時間にして数十分程度の撮影だったようだ。

当初はその後、4月3日に復旧したばかりの三陸鉄道南リアス線に乗る予定だったそうですが、5人のために貸し切るわけにも行かずどうやら断念したみたいですね。一行は大船渡市に移動後、それぞれの撮影に臨んでいます」(テレビ局関係者)

※そりゃ、地元の足ですから…
【送料無料選択可】甦れ!東北の鉄道 復興への軌跡「三陸鉄道北リアス線」「ひたちなか海浜鉄道湊線」ほか (TWJ BOOKS)/上野建司/編集(単行本・

【送料無料選択可】甦れ!東北の鉄道 復興への軌跡「三陸鉄道北リアス線」「ひたちなか海浜鉄道湊線」ほか

[Yahooショッピング]

ここで二宮和也と松本潤、櫻井翔と相葉雅紀、大野智の2組に分かれての撮影へ。

二宮と松本が向かったのは、消防団が訓練をしていた市内の河川敷。ここで二人はブカブカの防災服に身を包んで約2時間、放水訓練や今年入った新しい団員への取材などを行った。周囲は、早くも噂を聞きつけた100人ほどの市民が集ったようだが、100メートルほど離されて現場に近づくことすら出来なかったという。

本来は夜にやる訓練なんですけど、その日は昼間にということで。誰が来るか知らされたのも当日のことでしたね。二人は普通の“いいお兄ちゃん”という印象を受けました」(消防団関係者)

一方で櫻井と相葉、大野が向かったのは同市の泊里港。コンブ漁が盛んだった地域だが、先の震災で港が倒壊。ようやく港も新設されて漁を再開したところだった。

「彼らが来る5日くらい前に、大船渡漁港からロケに協力してくれないかって連絡があって。ただ、嵐のメンバーが来るっていうのは、当日まで分かりませんでしたよ。波がとっても凪で絶好のコンブ漁日和だったけど、漁港の理事が“嵐が来て嵐になんなくてよかった”なんてオヤジギャグを言ったら、3人とも引きつったように苦笑いしていたのが可愛らしかったね」(3人と同行した漁師の妻)

「ZERO」の放送では、さも偶然に漁に参加したという内容だったが、

彼らは13時に来たんだけど、こちらは11時からスタッフと打ち合わせ。私が港でコンブを煮ていて、そこで嵐が“何してるんですか?”って声掛けるので、“コンブです”って答える。そうしたら父ちゃん(夫)が“じゃ、船に乗るか?”ってやり取りする練習を何度もさせられましたよ」(前同)

とまあ、台本があったのはご愛嬌。30分ほどの漁を終えた後には、こんな演出も。

「漁が終わったら、コンブの煮物とサラダを嵐が食べるはずだったんです。でも、予定より船に乗っている時間が長かったので、箸もつけずに帰ってしまいました。ディレクターさんからは、“柄物の皿はダメ”とかいろいろ言われたのに、結局は食べていってくれなかったんだよね」(漁師の妻)
[週刊女性]

テレビ局側からの要請で準備してもらった料理が無駄になってしまったなんて…

こうなると、復興支援が目的なのか、それとも単に被災地に迷惑を掛けに行ったのか、よく分からないですね。

もちろん、嵐のメンバーが悪いのではなく、取材を仕切ったテレビ局の責任だと思いますけど。

さらに、このあと嵐のメンバーが向かったライブでも非常に残念なことがあったといいますが…

ちょっと長くなり過ぎたので、続きはこちらでどうぞ。
 地元民排除に批判!嵐の被災地訪問レポート 大船渡ライブ編

ひらめき松潤からの迷惑メールが…
 超面白い件→ geinou ranking
 超面白い件→ geinou ranking

※2010年の国立競技場コンサートのフォトレポートです。
走り続けろ嵐!―国立競技場ライブ・レポート [単行本] / ジャニーズ研究会 (編さん); 鹿砦社 (刊)
走り続けろ嵐!―国立競技場ライブ・レポート / ジャニーズ研究会
[Amazon関連商品]

<ヤフオク注目のアイテム>
大野智 相葉雅紀 二宮和也 櫻井翔 松本潤

<嵐のワクワク学校2012>
櫻井翔とお母さんの驚愕エピソード
大野智、母ちゃんも嘆いたヤンチャ過ぎる少年時代
二宮和也のお誕生日エピソード

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング
この記事へのコメント
え?
何でここコメント消えてるの?

テレビの圧力?www
Posted by at 2013年06月25日 14:47

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス