恐怖のジャニヲタ伝説。岡田准一、赤西仁、滝沢秀明も餌食になったヤラカシの暴走ぶり… - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

恐怖のジャニヲタ伝説。岡田准一、赤西仁、滝沢秀明も餌食になったヤラカシの暴走ぶり…

岡田准一くん主演で宮崎あおいさんが妻役を演じる映画『天地明察』が15日に封切られました。映画のPRもあって岡田くんのテレビ露出も激増しましたが、そこで彼のファンたちが“強烈”だとネット上で話題になっているといいます。
 → ranking

※映画『おくりびと』の滝田洋二郎さん監督です。
天地明察 上

天地明察 上

[関連商品]

[以下引用]
9月10日に岡田はNHK総合の『スタジオパークからこんにちは』に出演したが、収録現場はガラス越しに観客が眺められる状態になっていた。そこにいたファンは、年齢層が高めなオバ様たち。その中の一人の女性ファンは可愛らしい服装で「徹夜で会いに来たよ」と書かれたボードをスタジオ内に向け、ねっとりとした視線でアピールしていた。

これに対し、ネット上では「女オタは小奇麗だけど視線が怖い」「発情してそう」「男のアイドルも大変なんだな…」といった声が上がっている。
[メンズサイゾー]

ひらめき視線がねっとり!
噂のジャニヲタ画像→ geinou ranking
噂のジャニヲタ画像→ geinou ranking

岡田くんを支えるのはこういう人たちなんですね。確かに年齢層は高めに見えますが、特に問題ないような。

ただ、中には好きすぎて露出してしまうファンもいるようで…

[以下引用]
「関ジャニ∞やKAT-TUNのライブでは、目当てのメンバーが近くに来ると女性ファンが上半身を露出してアピールすることがある、という伝説が。どちらのグループも、メンバーが『上半身好き』を公言しているためです」(芸能関係者)

さらに“ヤラカシ”と呼ばれる困ったファンになると、熱烈な追っかけを通り越して犯罪の域にまで達してしまうことがある。

KAT-TUNは2010年に赤西仁(28=現在は脱退)不在でツアーを敢行したが、コンサート中にメンバーの悪口を書いたウチワを持参したり、レーザーポインターでメンバーの目などを狙うなどの迷惑行為が多発した。これは赤西がいない状態でメンバーたちが「結束が強まった」などとコメントしたことに対し、赤西ファンが激怒したためといわれている。
 亀梨ファンVS赤西ファンの抗争激化!

別の公演では、田中聖(26)が吹き矢で目を狙われたという情報もあり、メンバーの身に危険が及ぶほどの騒動になった。また、08年に行われた関ジャニ∞の横浜アリーナ公演で天井の一部が抜け落ちて観客がケガを負う事故があったが、複数の観客が「穴から足のようなものが見えた」と証言しており、熱狂的ヤラカシが天井裏に忍び込んだのではないかと推測されている。
[メンズサイゾー]

最初の露出系がかわいらしく思えるような激しさですね^^;

吹き矢にしても天井裏へ忍び込むにしても、まるで戦国時代からタイムスリップしてきた暗殺集団のようですが、レーザーポインターは場合によって視力を奪うこともあり、悪質です。

ひらめきKAT-TUNのコンサートでの恐ろしい逸話は
こちらから→ geinou ranking
こちらから→ geinou ranking

これで終わりかと思いきや、さらに困ったさんがいました。

[以下引用]
伝説的なヤラカシとしては、「滝沢秀明は悪魔だ」「あいつは私の家のゴミを漁っている」などという妄想にかられた女が、07年に滝沢のコンサートでステージに上がろうとして取り押さえられたことがあった。女はリンゴを手渡そうとしたそうだが、その動機として「デスノートのリュークがリンゴを持っていたから」という謎の文章をブログに掲載している。

この女はジャニーズ事務所のスタッフとも度々トラブルになりライブ出入り禁止なったが、懲りずに歪んだ追っかけを続けていた。だが、07年に広島県の原爆ドームに不法侵入した疑いで逮捕されて以降は、あまり表だった活動はしなくなっている。
[メンズサイゾー]

自称彼女のブログとか、たまに話題になります。

ただ、そこまで思いつめるのはごくごく一部なのでは。

※ジャニヲタ歴20年当時に出版された本
ジャニヲタ 女のケモノ道

ジャニヲタ 女のケモノ道

[関連商品]

こちらの本の著者・松本梨香さんは、ジャニタレへの気持ちは恋愛感情ではなく、「芸術を鑑賞するのと同じ感覚」「男のようで男じゃない!」と表現しています。「自分と釣り合うかどうかとか考えるだけでキツイ」として、別世界のものとして好き、ということのようです。

確かに、「完璧な美しさ」を求める芸術鑑賞と同じだと考えると、ちょっと王道から外れた顔立ちのジャニタレを「ブサイク」と言ってしまう人がいて仕方ないのかも^^;
 「ブサイクばかり」とコケにされたキスマイは見返せるか!?

ただ、好みは人それぞれなんですよね。

顔だけでなく、話してこそ伝わる魅力もありますし、そんな人達が集まってるからこそ、こうやって熱狂的になる人が多いのでしょうし。

ま、アイドルですから、妄想で擬似恋愛の相手にするのはいいと思いますが、境界線はしっかり作ってほしいですけど。

※元ジャニーズJrのブログはこちらからどうぞ。

※今日の人気記事トップ10はこちら

※芸能界のうわさはこちらでどうぞ

<関連ニュース>
はるかぜちゃんと嵐ファンの騒動はまだ続いていた
嵐の新曲「Face Down」にファンから批判の声が続出
関ジャニと嵐、仲良しはどっちかを巡ってファンが白熱!

<おすすめ芸能ニュース>
フジ昼ドラ「赤い糸の女」が砂場に落とし穴を掘って殺害シーンを放送
堂本剛 劣化しすぎでとてもジャニーズと思えない!?
『HEY!HEY!HEY!』打ち切り決定!原因は視聴率ではなく…

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング

■KAT-TUNのうわさ
KAT-TUNも頑張ってます - Johnny's Watcher

■関ジャニ∞のうわさ
関ジャニ∞のうわさアレコレ - Johnny's Watcher
この記事へのコメント
本の作者の名前、松本梨香ではなくて松本美香さんですよー
Posted by 通りすがり at 2016年09月12日 22:56

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス