主演映画「脳男」で超難役に挑む生田斗真。武術稽古でアクション俳優の新境地を開けるか!? - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

主演映画「脳男」で超難役に挑む生田斗真。武術稽古でアクション俳優の新境地を開けるか!?

生田斗真くんが、第46回江戸川乱歩賞を受賞したベストセラー小説「脳男」の映画版で、主役を演じることが決まりました。主人公は「生まれつき人間としての“感情”を持たず、痛みを感じない殺人マシーン」という設定で、今まで何度も映画化が検討されながら、“役作り”の難しさからなかなか実現できなかったといいますが…
 → ranking

BARFOUT! 195 生田斗真 [大型本] / ブラウンズブックス (編集); 幻冬舎 (刊)
BARFOUT! 195 生田斗真 / ブラウンズブックス (編集) 幻冬舎 (刊)
[関連商品]

[以下引用]
「今回の作品は自分にとって新たな挑戦」という生田は、「撮影に入る準備として、これまで半年間、武術稽古をしてきました。見応えのあるリアルなアクションシーンも映画の見所の一つになればと思っています。この作品が自身のこの先の道のりを大きく広げてくれるよう、日々撮影に励んでいます」と意気込みを語っている。

ひらめき芸能人の卒業アルバム写真を貼っていくスレ[画像]
 ELTの伊藤さんに似てますか?→ ranking
 ELTの伊藤さんに似てますか?→ reading
 ELTの伊藤さんに似てますか?→ reading
 ELTの伊藤さんに似てますか?→ ranking

性善説を信じ、“脳男”を救おうとする脳神経外科医・鷲谷真梨子を演じる松雪は「人間の犯罪心理の根源的な要因は、何処にあるのか? 感情を持たない人間に与えられた使命とは何か? 脚本を読んで、静かな緊張感の中で展開される緊密なやりとりに、静かな興奮を覚えました」といい、連続爆弾魔を追い続ける正義感の強い茶屋刑事を演じる江口は「スタッフ、キャストと共に、日本の新しいアクション映画が間違いなく生まれると感じています」「犯罪、道徳、正義、追跡の果てに、それぞれが出す決着に向け1カット1カット、テンションの高い撮影をしています。茶屋というワイルドな刑事をどこまでリアルに演じきれるか、僕にとってもまた新しい挑戦です」とコメントを寄せている。
[マイナビニュース]

今回の映画化では、監督は『犯人に告ぐ』『イキガミ』の瀧本智行さん、脚本は『毎日かあさん』『サイドカーに犬』の真辺克彦さんと『八日目の蝉』で日本アカデミー賞各賞を席巻した成島出さんが担当するということで、かなり豪華な布陣になっています。

八日目の蝉 通常版 [DVD] / 井上真央, 永作博美, 小池栄子, 森口瑤子 (出演); 成島出 (監督)
八日目の蝉 通常版 [DVD] / 井上真央, 永作博美, 小池栄子, 森口瑤子
[関連商品]

そして、あらすじは―

舞台は、猟奇的な手口の無差別連続爆破事件が発生したある地方都市。刑事の茶屋(江口洋介)は犯人・緑川のアジトを突き止めるが、確保できたのは身元不明の男・鈴木一郎(生田斗真)だけ。共犯者と見なされた一郎は、犯行手口があまりに異常だったため精神鑑定を受ける。一切の感情を表に出さない一郎に興味を持つ脳神経外科医の鷲谷(松雪泰子)だが、緑川が病院を襲撃し始める。

ということで、生田くんは「生まれつき感情のない殺人マシーン」という難役に挑むわけですが、この役はあまりにも特殊過ぎて今まで映像化できなかったという“いわく付き”のようです。

※原作はこちら。読み応え満点です。
脳男

脳男

[関連商品]

[以下引用]
2000年の発刊当時から映像化が待ち望まれていたが、“脳男”のキャラクター設定の難しさから実現までに長い年月を要した。脳男に扮する生田は、今作で初の本格的アクションにも挑戦し新境地を開拓。「今回の作品は自分にとって新たな挑戦です。お話をいただいた時から、この作品に全てを懸けてみようと思いました」と意気込む。そして、「この作品が自身のこの先の道のりを大きく広げてくれるよう、日々撮影に励んでいます。映画が完成する日を心待ちにしていてください」とコメントを寄せた。
[映画.com]

この「脳男=鈴木一郎」は、身体能力的にも人間離れしたキャラクターですし、しかも感情がないという設定なので、演じるのはとても難しいと思います。

役者として評価の高い生田斗真くんでもかなり苦労するだろうな…と心配になってしまいますが、同時に、どんな演技を見せてくれるのかも楽しみです。

ひらめきこれでオトコゴコロもまる分かり!知っておくと得をする…
 男性の不思議→ geinou ranking geinou ranking
 男性の不思議→ geinou reading geinou reading

さて、撮影は6月上旬に都内でクランクインし、富山での撮影を経て、7月下旬にクランクアップ。公開予定は2013年2月とのこと。

生田くんの新境地開拓に期待ですっ!

※脳男には続編があります。こちらもかなりオススメです。
指し手の顔(上) 脳男2 (講談社文庫) [文庫] / 首藤 瓜於 (著); 講談社 (刊)
指し手の顔(上)脳男2 (講談社文庫) / 首藤 瓜於 (著)

<関連ニュース>
生田斗真の共演NGはまさかの弟・生田竜聖だった!
生田斗真がデブに!?憧れの古田新太、友達、そして人生観…
「ピンクとグレー」二宮和也と生田斗真のW主演でドラマ化内定?

<おすすめ芸能ニュース>
画像!キスマイ私服公開!横尾渉の服装が怪しすぎる!
『HEY!HEY!HEY!』が完全に終了してしまった件
伊東美咲の野望…飽和状態のママタレ戦国時代を勝ち抜く!

■生田斗真のうわさ
生田斗真 の噂 - Johnny's Watcher

■モバイル用お勧めリンクはこちら
ジャニーズお勧めリンク
この記事へのコメント
風間くんのように、演技力で評価される「役者」になるのに、今はあと一歩足りてない。
難役を演じきれれば、その一歩を突破できると思う。
頑張って欲しい。
Posted by at 2012年06月18日 15:20

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス