KAT-TUNの今昔物語&赤西仁への辛口コメント - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

KAT-TUNの今昔物語&赤西仁への辛口コメント

現在、最新アルバム『CHAIN』をひっさげて、約1年8ヶ月ぶりの全国ツアーを敢行中のKAT-TUN。4月22日には東京ドーム公演の3DAYSを終えたばかりですが、そんな彼らの“今と昔”を特集した記事を見つけました。
 → ranking

※KAT-TUNは後悔させません!
CHAIN(初回生産限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition] / KAT-TUN (CD - 2012)
CHAIN(初回生産限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition] ...

[以下引用]
ラッパー、ヒューマンビートボックス、役者、キャスターなど、5人それぞれがシンガーと違う顔を持っているのが、KAT-TUNの特徴。だが、デビュー当時は、ジャニーズ史上もっとも反発しあっていた。

2006年3月に発売したデビューシングル『Real Face』は、初週売上が75・4万枚を突破。事務所の歴代1位を堅持しているが、この前後あたりは、メンバー間のイラ立ちがピークに達していた。

「(田中)聖が辞めたがっていた」(亀梨和也)、「やってけないと思ってた」(田中)、「大嫌いだった」(上田竜也)、「喧嘩がものすごいあった」(中丸雄一)、「解散じゃねぇかって勢いがあった」(田口淳之介)など、当時を振り返るメンバーの意見は、どれもネガティブ。奔放な赤西、リーダーの亀梨が2トップとなり、カメラ割で長い時間を割かれたことも、田中、上田、田口、中丸が不満を募らせた要因だった。

ところが、「このままではバラバラになってしまう」と意思の疎通をはかり、話し合いを重ねた。それでも、アメリカンナイズされていた赤西は脱退を決意したが、残された5人は逆に、個の追求をはじめた。

亀梨は野球好きを生かして、『Going&Sports News』(日テレ系)でスポーツキャスターとしてデビュー。田中は『爆笑!大日本アカン警察』(フジ系)でダウンタウンから、上田は『教科書にのせたい!』でくりぃむしちゅーからバラエティの極意を習得中。中丸は『シューイチ』(日テレ系)でキャスターに挑戦し、田口は春ドラマ『リーガル・ハイ』に出演中。

セクシーでワイルドが売りだったKAT-TUN。アラサーにさしかかり、熟した今は、個の開花に成功している。
[リアルライブ]

「KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAIN」というツアー名称は、「人とのつながりを意識する」という意味で「CHAIN=鎖」という名前を付けたそうで、実際にツアーのステージではチェーン700個以上、アンコールで外周を囲むチェーンの長さは約400mもあったとか。

他にも「ステージが照明ごとそのまま動く」(亀梨)というイメージで5人が考案したオリジナル照明タワー「FLASH−TREE」など、かなり気合の入った演出だったみたいですね。

ちなみに、最終日には「シューイチ」の取材カメラも入っていたようです。来週の番組で放送される予定とのことなので、要チェックです。

ひらめき堕落生活!田口淳之介が3流女優と…
 パチンコ三昧→ geinou ranking geinou ranking
 パチンコ三昧→ geinou reading geinou reading

また、公演前の会見では黒木メイサさんと“事後報告婚”した赤西くんへに対して、亀梨くんから辛辣なメッセージも。

[以下引用]
亀梨和也は「(赤西の結婚については)連絡もなかったので、どういうコメントをしていいのか分からないんですけど、僕たちも知らなかった」とコメント。

かつての米国留学(06年)や脱退(10年)も“事後報告”だったといい、「次はこれかと。でも、(KAT−TUNのメンバーは)一番驚いていない5人だと思う。(赤西の語学)留学の時が一番ビックリしました」とあきれ顔。

また、メイサが妊娠4カ月であることを正式に発表したこともあり、亀梨は「何も話さなくても冷たいといわれるし…人としては、普通におめでとう」と辛辣に祝福。

その一方で、所属事務所など周囲に対して事後報告だったこともあり、「(結婚は)相手もあってのことなので、ちゃんとしてほしい」と厳しい言葉をつけ足した。
[デイリースポーツ、日テレNEWS ※一部編集]

うーん、複雑な思いがビシビシと伝わってきます^^;

ひらめき赤西の結婚を全く祝福しないKAT-TUNのコメント集
 田中聖に全く同感!→ geinou ranking
 田中聖に全く同感!→ geinou ranking
 田中聖に全く同感!→ geinou reading
 田中聖に全く同感!→ geinou reading

KAT-TUNはデビュー当初の勢いがスゴかっただけに、その後のゴタゴタで騒がれるたびに「もうピークは過ぎた」などと言われ続けてきました。

今も順風満帆とは言えないのかも知れませんが、記事にあるように5人それぞれが得意な分野でトンガっていて欲しいです。

それが、KAT-TUNというグループ自体の存在価値を高めていくと思いますし、期待してますっ!

KAT−TUN エピソードプラス -Rebirth- (RECO BOOKS) [単行本(ソフトカバー)] / 石坂ヒロユキ, Jr.倶楽部 (著); アールズ出版 (刊)
KAT−TUN エピソードプラス -Rebirth- (RECO BOOKS)[関連商品]

<ヤフーオークション>
赤西仁の注目アイテム
KAT-TUNの注目アイテム

<関連ニュース>
KAT-TUN解散の危機!赤西仁脱退で存在理由消失!?
KAT-TUNの喜べない事情。ニューアルバムが歴代新記録達成でも売上減少に歯止めが掛からない
KAT-TUNがリアクション芸人に!?必死のイメージチェンジで生き残りを懸けるも…

<おすすめ芸能ニュース>
「家族のうた」1話カット内定!オダギリジョーに「自業自得」の声
小林幸子がNHK紅白出場を民主党大臣に依頼していた!?

■皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキング

■KAT-TUNのうわさ
KAT-TUNも頑張ってます - Johnny's Watcher

■赤西仁のうわさ
その他>赤西仁の噂 - Johnny's Watcher

■モバイル用お勧めリンクはこちら
ジャニーズお勧めリンク
この記事へのコメント
赤西くんは大手広告代理店を怒らせた?


KAT-TUNは他のジャニを守るため盾にされて囲み取材をやらされた?
Posted by at 2012年04月25日 03:03
教科書にのせたいはウッチャンナンチャンですよ
Posted by at 2012年04月25日 10:54

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス