ジャニーズの終焉間近!「カレンダーを売らない」その意味は意外と大きい - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

ジャニーズの終焉間近!「カレンダーを売らない」その意味は意外と大きい

これまでジャニーズはデビュー後10周年を迎えるとカレンダーから卒業する、という方針と思われていましたが、2012年、KAT-TUN、関ジャニ∞、NEWSは、デビュー10年に満たないにも関わらず、ジャニーズ事務所の意向でカレンダーを販売しないのでは、という話が浮上しています。
一方、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone/中山優馬/ジャニーズJr.の3つについては、複数買いを促す強引な「スペシャル企画」がブーイングの的となっていました。
 → ranking

ジャニーズ スクールカレンダー2012.4〜2013.3 SexyZone/中山優馬/ジャニーズJr.

ジャニーズ スクールカレンダー2012.4〜2013.3 SexyZone/中山優馬/ジャニーズJr.

[関連商品]

[以下引用]
「ジャニタレはこれまで、デビュー10周年を節目にカレンダーを卒業するというのが通説でした。でも関ジャニ∞とNEWSは来年で8周年、KAT-TUNはまだ6周年なんです。だから来年も販売すると思ってたのに......。ラジオや雑誌でもいつものように撮影裏話が飛び出さないし、やっぱりカレンダーは発売しないんでしょうか」(関ジャニ∞のファン)

従来ならば、11月半ば頃には各書店・出版社で予約がスタートしているジャニーズカレンダー。とりあえず、昨年までカレンダーを出版してきた東京ニュース通信社、光文社等に問い合わせをしてみたところ「今のところ(うちでは)予定がない」との回答だった。結局のところ、この時期になっても何の発表もないという時点で、発売しないとみてよさそうだ

「実は昨年もデビュー9周年だったタッキー&翼がカレンダーを発売しなかったんですよね。その時点で『10年卒業説』はすでに崩壊していたワケです。ただ、まだ人気のあるNEWSや関ジャニ∞、KAT-TUNもカレンダーを発売しないとすれば、その理由はここ数年でジャニーズカレンダーの価値が変わってきたことにあるのでは? これまで作れば確実に売り上げが望める商品として、事務所に貢献度の高い出版社への"最大のエサ"ともいわれてきたカレンダーですが、近ごろはグループの増加に伴ってファン層が分散され、予約部数も減少していたようです。なかには特典が豪華すぎて売り上げと釣り合わなくなったパターンもあったとか......」(ジャニーズに詳しい記者)

これまで、カレンダー利権を振りかざしてスキャンダルの懐柔を行うなど、アメとムチを使い分けてマスコミ各社を服従させてきたジャニーズ事務所。しかし、メリー副社長の勢力が衰えるに従って恫喝、脅し等の"ムチ"が通用しなくなったといわれて久しい。そのうえ"アメ"もなくなれば、事務所の体制は一体どうなっていくのか…マスコミ各社を制御できなくなることで、ジャニタレのスキャンダルが頻繁に世間を騒がす日も遠くないかもしれない
[サイゾーウーマン]

これは大変ですね。

ジャニーズはジャニーズ所属タレントの不都合な報道を控えることと引き換えに、ジャニーズのイメージ戦略に協力した出版社には、確実な利益を生む商品としてカレンダーを割り当てていました。

その「アメ」であるカレンダーがない、というのは、ファンにとって残念なのはもちろんのこと、出版社を押さえることができなくなります。

まあ、ジャニーズのタレントさんたちがみんな品行方正であれば問題はないのですが^^;

■関連ニュース
ファンは財布?ジャニーズのカレンダー商法があざとい!

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを… <(。_。)>
人気ブログランキング
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい


広告
キャッシングリファレンス