稲垣吾郎は脇役で勝負!『ブルドクター』から読み取れるI女史の思惑と「名倉潤之助」の秘密とは…? - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

稲垣吾郎は脇役で勝負!『ブルドクター』から読み取れるI女史の思惑と「名倉潤之助」の秘密とは…?

SMAPの稲垣吾郎くんが、7月6日から始まる日テレ系ドラマ『ブルドクター』に出演します。
これが主役級ではなく、江角マキコさん、石原さとみさんに次ぐ3番手としての出演であることに、吾郎ちゃんの今後の路線があるそうですよ。→ ranking

※この本でも、吾郎ちゃんが脇役を演じたことについて書いてます[関連商品]
Around SMAP―SMAPレポート [単行本] / 生田 学 (著); 太陽出版 (刊)
Around SMAP―SMAPレポート [単行本] / 生田 学 (著); 太陽出版 (刊)

SMAP最後の隠し玉、稲垣吾郎の戦略は『脇役で新境地』

「本人も"イイ人"役を求められる主人公より、さまざまな役を演じられる脇役の方が良いみたいです」というのに納得。

確かに主役では『十三人の刺客』での「狂気じみた殿様」のような役柄は、まずないでしょうね〜。
味のある脇役俳優さんがいないとおもしろいドラマも映画も成り立たないし、「あの人が出るならおもしろいのかも」と思わせる脇役さんっていうのもいるし。

さらにいえば、視聴率や興行成績の重圧からも、少しは逃れられる?なんて^^;

『ブルドクター』自体は法医学者モノで、第一話のストーリーを見る限り、まっすぐな法医学者・江角マキコさんに反発する、型にはまって冒険をしない法医学者・吾郎ちゃん、それに絡む刑事・石原さとみさん、って感じなようです。

それにしても役名が「名倉潤之助」って…まさか輪郭が似てるとでも??
ちまたでも「稲垣はお笑いかボケ役担当なのでは」とか「視聴率がイマイチの時の話題作りの保険だ」とか「ネプチューンの名倉がチョイ役で出演するんじゃ」などなど、いろいろと言われているようですが…

ま、とにかく脇役路線で突き進む吾郎ちゃんの『ブルドクター』、楽しみです♪

※えっ!CMでも脇役に徹するつもりなの?!
 → ranking reading ranking reading

※そういえばこれも、主役ではありませんでした[関連商品]
トライアングル DVD−BOX

トライアングル DVD−BOX


■関連情報
稲垣吾郎が坊主になる?ブルドクターへ掛ける意気込みがスゴイ…

■記事を読んで頂きありがとうございます。楽しんで頂けましたら、応援もらえると嬉しいです!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ

■SMAPのうわさ
SMAP - Johnny's Watcher

■SMAPグッズをいろいろと集めてみました
 → SMAPの最新リリース情報!!

■モバイル用お勧めリンクはこちら
 → ジャニーズお勧めリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい



この記事へのトラックバック
広告
キャッシングリファレンス