赤西仁が「47RONIN」でついに念願のハリウッドデビュー!! - Johnny's Watcher

[スポンサーリンク]

赤西仁が「47RONIN」でついに念願のハリウッドデビュー!!

赤西仁くんが昨秋に行われた「47RONIN」のオーディションに合格したそうでーす。
これ、自ら応募したとか。まだまだハリウッドでの知名度はないし、もちろんセリフはすべて英語だったみたいだけど、関係者によると「彼はとても情熱的で、度量の大きさなど、主税のイメージにピッタリだった。重要な役をこなせる英語力もあった」と認められて、見事に合格を勝ち取ったということです。
 → ranking

※Yellow Gold Tour 3011のDVD
赤西仁/Yellow Gold Tour 3011(初回限定盤B)(DVD)

赤西仁/Yellow Gold Tour 3011(初回限定盤B)(DVD)
[関連商品]

(以下引用)
 赤西仁(26)が超大作映画でハリウッドデビューを果たす。キアヌ・リーブス(46)主演映画「47RONIN」(カール・リンシュ監督、来年12月公開)に出演することが13日、分かった。以前から強い海外志向の赤西は、本作のオーディションに自ら応募し、世界への扉を開いた。日本での知名度だけでは通用しない厳しいハリウッドで、このビッグチャンスをものにするつもりだ。

 「47RONIN」は「忠臣蔵」をモチーフにした完全オリジナル作品だ。大石内蔵助率いる四十七士が、はぐれ者のカイ(キアヌ)の助けを借りて、主君を殺した吉良上野介への復讐(ふくしゅう)を試みるストーリーになる。製作費は2億ドル(約170億円)。

 大手映画会社ユニバーサルでは巨費を投じた2011年の看板映画、テントポール作品として製作され、全編3Dで全世界公開される。その超大作で、赤西が演じるのが大石の息子、大石主税(ちから)。度量の大きさから「武士の中の武士」といわれ、同映画では「カイの友人」と設定された主税は重要な役どころとなる。

 赤西は06年にKAT−TUNの活動を休止して米国に語学留学し、現在はワーナー・ミュージックとグローバル契約。海外での飛躍も目指しているからだ。オーディション合格は、まさにその目標に向けてビッグチャンス。普段はクールだが、さすがに興奮は隠しきれないようだ。

 赤西仁のコメントは以下の通り。
 「日本人にとって重要なテーマを扱った作品でハリウッド超大作、しかも3D作品に出演することになり、本当に興奮しています。キアヌほか素晴らしい俳優の方々と共演できること、ワールドワイドな作品を一緒に作り上げることに充実感を感じています。これからも自分の感性を研ぎ澄ませて、音楽も演技も世界でボーダーレスに活躍できるように、自分のスタンスを崩さずに突き進んでいきたいと思っています

 赤西はハンガリーのブダペストで撮影に入っている。俳優、スタッフともに世界最高レベルの恵まれた環境の中で、ハリウッド俳優としての1歩を踏み出した。
(ORICON STYLE)

ついに念願のハリウッドデビューですねっ!
まずはおめでとーーぴかぴか(新しい)

赤西くんが演じるのは大石主税、つまり主人公の大石内蔵助の息子で、キアヌさん演じる「カイ」の親友という設定だそう。チョイ役じゃなくてかなり重要な役柄ですね〜

他にも真田広之さん、柴咲コウさん、浅野忠信さん、菊地凛子さんとそうそうたるメンバーみたいで、映画自体とても期待できそうです。

・・・といいつつも、すでに撮影現場に居合わせたファンの話として「現場に一番遅く現れたり空き時間にも全く諸先輩方と絡む様子もない」とか「エキストラのみなさんへのご挨拶もないらしいです」なんて暴露されてもいたようですが・・・ ^^;

それもこれも有名税ということで・・・
今後の活躍が楽しみですっ!!

■記事を読んで頂きありがとうございます。最新のジャニーズ情報はこちらでもどうぞ♪
人気ブログランキング

※まずは正史を勉強しなくちゃ、ですね ^^;
忠臣蔵四十七義士全名鑑 子孫が綴る、赤穂義士「正史」銘々伝

忠臣蔵四十七義士全名鑑 子孫が綴る、赤穂義士「正史」銘々伝
[関連商品]

■SMAPグッズをいろいろと集めてみました
 → SMAPの最新リリース情報!!

■嵐グッズをいろいろと集めてみました
 → 嵐の最新リリース情報!!

■モバイル用お勧めリンクはこちら
 → ジャニーズお勧めリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
コメントは承認制で、お名前は必須入力です。
管理人宛のメッセージは管理人が把握していればよいものと考え公開しません。ご意見等がある場合はこちらをご一読の上、ご連絡下さい



この記事へのトラックバック
広告
キャッシングリファレンス