Johnny's Watcher

今井翼に暴露本オファー殺到!匿名の元事務所も恐れる超弩級のネタが…?

今年9月、タッキー&翼の解散と滝沢秀明くんがジャニー喜多川さんの後継者になること、そして今井翼くんの事務所からの退所が発表されるという衝撃がありました。

その後、各出版社が水面下で凄まじい争奪戦を繰り広げているのが、今井くんに対する暴露本のオファーなんだとか。



つづきはこちら

やっぱりガセだった?嵐に囁かれる2020年東京オリンピック後の電撃解散説を辿ると意外な事実が明らかに

嵐の20周年アニバーサリーライブツアーが始まり盛り上がっていますが、思い出されるのが少し前に流れた2020年東京五輪後に嵐が電撃解散するという説。
 業界で急速に広まりつつある嵐解散説。

ざっくりまとめると、井上真央さんとの結婚が長く囁かれる松本潤くん、伊藤綾子さんと事実婚状態と言われる二宮和也くん、一般女性と5年以上も親密な関係にあると言われる相葉雅紀くんと、メンバー3人に結婚願望が高まっていること、相次ぐジャニーズタレントのスキャンダルで事務所のイメージがガタ落ちしていることから、「好感度抜群の嵐には何とか無事に20周年を乗り切らせてキレイなイメージのまま解散させ、それぞれソロの道を歩ませたい」と事務所側は考えているようだ、という内容でした。

スポンサーの希望を考えるとそれはあり得ないという話があるのですが…




つづきはこちら

滝沢秀明が紅白でラストステージ!NHKが隠し玉としてタキツバの一夜限りの復活を画策も、今井翼は出演を拒否して難航中

先日、今年の大晦日に放送される紅白歌合戦の出場者が発表されましたが、芸能関係者の間では「今年の顔ぶれには違和感しかなく、絶対にサプライズがあるはず」と囁かれているといいます。

そのため、マスコミ各社はNHKの”隠し玉”を探るべく必死に取材を行っているそうですが、そんな中でにわかに現実味を帯びてきているのが滝沢秀明くんの引退ステージだといいます。


つづきはこちら

「イッテQ」BPO審議入りで手越祐也のタレント生命が大ピンチ!番組打ち切りでスキャンダルをネタにすることも不可能に

「世界の果てまでイッテQ!」に新たな“ヤラセ祭り疑惑”が浮上したことで、手越祐也くんがピンチに陥っているといいます。

すでにBPO(放送倫理・番組向上機構)が日テレに対して報告書の提出を要求するなど、番組存続が次第に厳しい状況になりつつあるのは確か。

そうなると、出世作を失った手越くんのアイドル生命もヤバイことになるわけで…


つづきはこちら

滝沢秀明がジャニーズタレントの”50歳定年制”を導入へ!?来年以降は高齢グループの解散・活動停止が相次ぐ可能性も

ジャニーさんの後継者に指名された滝沢秀明くんが、ジャニーズタレントの”50歳定年制”を導入しようとしていると、一部メディアが報じています。

しかも、その一番のターゲットがジャニーズの長男・近藤マッチ大先輩だそうで、なんとも不穏なものを感じてしまいますが…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

THE MATCHY best songs for you [ 近藤真彦 ]
価格:1572円(税込、送料無料) (2018/11/16時点)

楽天で購入

つづきはこちら

大倉忠義の関ジャニ∞脱退は確実な状況に!ストーカー行為の告発が逆効果となり、ヤラカシの嫌がらせがエスカレートする恐れ

11月8日のブログで「賛否あるであろうことを分かった上」と前置きしつつ、執拗な追いかけやプライベートな場所でのストーカー行為を繰り返す一部ファンのヤラカシ行為を強く非難した大倉忠義くん。

芸能界からは大倉くんを心配する声が多数上がっていましたが、専門家を中心に「この対応は大失態」「大倉さんがさらに危険な状態になる可能性が高い」と、告発を許可したジャニーズ事務所の対応ミスを指摘する声が相次いでいます。


つづきはこちら

松本潤の面目丸つぶれ!天然ボケ・平野紫耀の「尊敬する先輩は小栗旬さん」発言でジャニーズ先輩の立場なし

11月9日に主演映画「ういらぶ。」が公開された平野紫耀くん。

5月にデビューして以降、最初の映画出演となるだけに公開前の番宣活動も活発に行われ、テレビの情報番組からバラエティー番組、映画雑誌や情報誌などに出まくっていましたね。

しかし、芸能人歴が浅いからなのか、それとも天然ボケだからなのか、インタビューやトークでは「それ、言っちゃダメなんじゃ…?」という場面も数多く見られました。

そんな中、後輩の面倒見の良さではジャニーズで一、二を争うと言われる松潤の面目が丸潰れとなる”事件”も起きていたそうで…

※初週土日の動員14万3000人、興収1億7000万円で3位でした。

つづきはこちら
 スポンサーリンク
キャッシングリファレンス